留学生必見!アメリカのOPT制度徹底解説!

スポンサーリンク
immigration 留学情報

みなさん、こんにちは!今回は「留学生 OPTの制度について 徹底解説」というテーマで、留学生の皆さんにとって非常に重要な情報をお伝えします。留学生とは、海外で学びを求めるために他国へ留学する学生のことを指します。留学には、新しい文化や言語を学ぶだけでなく、国際的な視野を広げる貴重な経験があります。そして、留学生の皆さんが特に注目すべき制度が「OPT(Optional Practical Training)」です。これはアメリカで留学生向けに作られた制度で、卒業後に最長1年間の企業研修を受けることができます。オプショナルながら、留学生にとっては非常に魅力的な制度ですよね。それでは、留学生がOPTを利用するための手続きや必要書類、さらにはOPT期間中のルールや注意事項、そしてOPT終了後の進路や就職方法まで、詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。Let’s get started!

1. 留学生とは

student

留学生とは、海外で学びを求めるために他国へ留学する学生のことを指します。留学は、新たな文化や言語を学ぶだけでなく、国際的な視野を広げる貴重な経験です。留学生は、留学先の大学や語学学校で学びながら、その国の生活や文化に触れる機会を得ます。

留学生の数は年々増加傾向にあり、特にアメリカにおいては大変多くの留学生がいます。日本と比較すると、アメリカの留学生の数は非常に多いです。参考までに、アメリカには毎年約104万人の留学生が訪れています。

留学生は、さまざまな理由で留学を選択します。例えば、海外での学びを通じて専門知識やスキルを深めるため、異文化経験を積むため、国際的なキャリアを築くためなどがあります。

留学生としての経験は、個人的な成長や自己啓発にもつながります。異なる国での生活や学びの環境は、留学生にとって貴重なチャレンジの場でもあります。異文化コミュニケーションや国際交流の機会が豊富にあり、グローバルな視野を養うことができます。

留学生は、自身の教育や将来のキャリアにおいて大きな影響を与える経験をすることができます。留学生活は一時的なものではなく、一生の財産として持ち続けることができるでしょう。

留学生としての経験は、学生時代にしかできない貴重な体験です。留学を検討している人は、自分自身の目標や夢に合わせて留学先やプログラムを選び、将来的な可能性を広げるために一歩踏み出してみることをおすすめします。

2. OPTとは

work

OPT(Optional Practical Training)は、アメリカで留学生向けに作られた制度です。留学生が卒業後に専攻と関連する分野で最長1年間の企業研修を受けることができます。これは学生ビザ(F-1ビザ)のまま滞在し、実務経験を積む機会を提供してくれる魅力的な制度です。

留学生が通常の留学期間終了後には母国に帰国することが原則ですが、留学中に学んだことをアメリカの企業で活かすためには、OPTを利用してさらに1年間アメリカに滞在することができます。OPT期間中は学生ビザ(F-1ビザ)のステイタスを保持し、正式な労働ビザを取得する必要はありません。

OPTの期間は最長1年間です。この期間内で就労ビザのスポンサーになってくれる企業を見つけることができれば、OPTの期間が終了した後もアメリカに滞在することができます。ただし、OPT期間終了後はアメリカを出国するか、別のビザに切り替える必要があります。

留学生がOPTを利用するためには、以下の条件を満たす必要があります:
– アメリカの大学(準学士、学士、修士、博士)を卒業する方
– 1年間で修了する大学のOPT申請可能なCertificate Programを卒業する方
– 有効なI-20と6ヶ月以内に失効しないパスポートを持っている方

留学生にとってOPTは貴重な経験を積むチャンスとなります。専攻と関連した仕事をしながら、実務でのスキルを磨くことができます。また、アメリカの文化やビジネス環境を体験することで、自身のキャリアパスにおいて価値ある経験となるでしょう。OPTを利用する留学生は、自分の将来のキャリアに役立つ貴重な経験を積むことができるのです。

3. OPTの申請手続きと必要書類

office

OPTを申請する際には、いくつかの手続きと必要書類があります。以下にその詳細を記載します。

申請に必要な書類

OPTを申請する際には、以下の書類が必要となります。

  1. パスポート(コピー):パスポートの写真や氏名が掲載されているページのコピーを用意します。
  2. I-765(原本):OPTの申請用紙です。定期的にフォームが変更されるため、記入する際は用紙右上にある有効期限を確認しましょう。
  3. OPT申請費用:申請費用は$410で、現金ではなく小切手または郵便為替で支払う必要があります。
  4. 証明写真2枚:30日以内に撮影した、パスポート用サイズの写真が2枚必要です。裏面に氏名、生年月日、I-94番号、SEVIS番号を記載しましょう。
  5. I-20(コピー):アメリカの大学などが発行する入学許可証で、OPT申請時に新しいものが発行されます。過去に発行されたI-20がある場合は、全てのコピーを提出します。
  6. I-94(コピー):外国人に対して発行されるアメリカ出入国記録です。アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)の公式ホームページからプリントアウトが可能です。
  7. F-1ビザ(コピー):パスポート内のF-1ビザのページをコピーします。

これらの書類を揃えて、正確に記入しましょう。

申請の手続き

OPTの申請手続きは以下の通りです。

  1. OPTワークショップに参加する:学校で行われるワークショップに参加し、申請の流れや必要な書類について学びましょう。
  2. 学校にOPTを申請する:OPTを行う旨を学校に伝え、新しいI-20を発行してもらいます。
  3. 必要書類をUSCISに提出する:必要書類を揃え、申請費用と共にUSCIS(移民局)に提出します。申請の方法は電子申請と郵送申請の2種類がありますが、電子申請が推奨されています。
  4. EADカードが発行される:提出された申請が承認されると、約3ヶ月前後でEADカードが送付されます。
  5. 研修先を学校に報告する:EADカードの受け取り後、研修先の情報を学校に報告しましょう。

申請手続きは時間がかかることもありますので、早めに準備を始めることをおすすめします。

以上がOPTの申請手続きと必要書類の概要です。留学生オフィスのアドバイザーからのサポートも受けながら、正確に記入と提出を行いましょう。

4. OPT期間中の注意事項

regulations

OPT期間中にはいくつかの注意事項があります。これらのルールと要件を守ることは非常に重要です。

4.1 無職の状態やアメリカ国外への出国に注意

OPT期間中に無職の状態でアメリカを出国することは賢明ではありません。無職で国外に出ると、アメリカへの再入国が困難になる可能性があります。留学生としてアメリカに滞在する意義がないと見なされるためです。

4.2 OPT期間終了後の出国時期に注意

OPT期間終了後は、最後の授業を受けた日(I-20の失効日)から60日間以内にアメリカを出国する必要があります。この期間はGrace Periodと呼ばれ、帰国の準備をするための時間です。必ず期限内に出国するようにしましょう。

4.3 OPT期間中の就労ルールに注意

OPT期間中の就労にはいくつかのルールがあります。まず、OPT期間は最長1年間ですが、STEM分野の場合は最長36か月となります。また、自分の専攻分野に関連する仕事に就く必要があります。留学生ビザ(F-1ビザ)を持つ学生として、大学での学びを実践で活かすための制度なのです。

OPT期間中は、週に最低21時間以上の就労が必要です。無給のインターンシップでも問題ありません。ただし、合計で90日以上の無職期間が続くと、ビザルール違反となるので注意が必要です。

4.4 インターンシップを活用する戦略

OPT期間中の無職期間が長くなると焦りを感じるかもしれません。そんな場合は、インターンシップを活用することができます。無給のインターンシップを見つけながら、本命の仕事を探す戦略も有効です。自分のキャリアを築くための貴重な経験を積むことができます。

以上が、OPT期間中の注意事項です。これらのルールや要件を遵守し、将来のキャリアをしっかりと築いていきましょう。

5. OPTの仕事に関するルール

job

OPT期間中に就ける仕事には、いくつかのルールがあります。以下にOPTの仕事に関するルールをまとめます。

5.1 専攻分野に関連する仕事を選ぶ必要がある

OPT期間中に就く仕事は、自分の専攻分野に関連するものでなければなりません。これは、大学で学んだ知識やスキルを実践するための機会を提供するためです。例えば、ファッションマーケティングを専攻している場合は、ファッション関連の仕事やマーケティング・マーチャンダイジング関連の仕事を選ぶことが望ましいです。

5.2 フルタイムで働く必要はない

OPT期間中に就く仕事は、必ずしもフルタイムで働く必要はありません。パートタイムの仕事や給与のないインターンシップでも構いません。OPTは「研修」の意味合いもありますので、無給であっても問題ありません。ただし、週に最低21時間の就労が必要ですので、それには注意してください。

5.3 無職の期間を活用することも可能

もし無職の期間が続いて焦りを感じる場合は、インターンシップを見つけて、そのインターンをしながら本命の仕事を探すということも可能です。これにより、無職の期間を回避しながら時間をかけて仕事を探すことができます。

5.4 ワークショップに参加することが重要

OPTの申請や仕事探しについて、より詳しく知るためには、学校が開催する「OPTワークショップ」に参加することが重要です。ワークショップでは、留学生オフィスのアドバイザーがOPTに関する情報や申請手続きなどを説明してくれます。積極的に情報収集をし、自分の理解を深めることが大切です。

5.5 OPTの申請手続きには注意が必要

OPTの申請手続きは、留学生オフィスのアドバイザーがサポートしてくれますが、自分の理解を深めるためにも申請に関する情報を調べることが重要です。申請には費用がかかりますので、よく検討してから申請しましょう。また、申請書類の提出や期限にも注意が必要ですので、留学生オフィスのアドバイザーとよく相談しながら手続きを進めましょう。

6. OPT終了後の進路と就職方法

career

OPT期間が終了した後、留学生にはいくつかの進路オプションがあります。具体的には以下の3つが主な選択肢です。

  1. 日本に帰国する
    OPT終了後に日本に戻りたい方は特に心配する必要はありません。アメリカでの就職を希望しない方や、帰国してから日本でのキャリアを積みたい方には最適な選択です。
  2. OPT中に就労していた雇用先にビザサポートをしてもらう
    アメリカで働きたいという方にとっては、OPT終了後の進路は大きな問題となります。ビザサポートを受けることでアメリカでの就職が可能となりますが、ビザサポートをしてくれる企業は少ない現実もあります。企業側としてはビザ取得に多額の資金が必要であるため、費用対効果や従業員の必要性を考慮する必要があります。また、ビザ申請に際しては、企業側がなぜその従業員を選ぶ必要があるのかを説明する必要もあります。ただし、ビザサポートに前向きな企業もあるため、就職活動の際に相談してみることをおすすめします。最近では労働ビザではなく、グリーンカード(永住者)をサポートしてくれる企業も存在するため、就職先を選ぶ際には慎重に検討することが重要です。
  3. 学業を続ける
    OPT終了後に学業を続けることも選択肢の一つです。大学院や専門学校に進学するなど、より高度な学術や専門知識を身につけるための学習を続けることができます。この場合もアメリカのビザルールに基づいて適切な手続きが必要となりますので、留学生オフィスや大学の担当者と相談することが重要です。

OPT終了後の進路を選ぶ際には、自身の希望や目標を明確にし、将来のキャリアについてしっかりと考えることが必要です。また、就職活動をする際にはビザサポートの有無を企業側に確認することや、グリーンカードをサポートしてくれる企業を探すことなども重要です。留学生オフィスのアドバイザーに相談したり、情報収集を行ったりすることで自身の進路選択のサポートを受けることができます。最終的な進路選択は自身の意思と希望に基づいて行うことが重要です。

まとめ

以上が「留学生 OPTの制度について 徹底解説」というテーマでの詳細な情報でした。留学生は、他国で学びを求めるために異文化や言語を学ぶだけでなく、国際的な視野を広げる貴重な経験をすることができます。そして、留学生にとって特に注目すべき制度が「OPT(Optional Practical Training)」です。この制度を利用することで、留学生は卒業後に最長1年間の企業研修を受けることができます。留学生の皆さんがOPTを利用するための手続きや必要書類、注意事項、進路や就職方法について詳しく解説しました。

OPTの申請手続きでは、必要な書類を準備し、学校やUSCISに提出する必要があります。また、OPT期間中にはいくつかの注意事項があります。無職の状態や国外への出国には注意が必要ですし、OPT期間終了後には期限内に出国する必要があります。また、OPT期間中の就労ルールにも注意が必要で、専攻分野に関連する仕事に就く必要があります。また、ワークショップに参加することや申請手続きにも注意が必要です。

OPT終了後の進路には、日本への帰国、就労先でのビザサポートを受ける、学業を続けるなどの選択肢があります。自身の希望や目標を明確にし、将来のキャリアを考えながら進路を選ぶことが大切です。より詳しい情報を知るためには、留学生オフィスや大学の担当者と相談することがおすすめです。

留学生の皆さんにとってOPTは、貴重な経験を積むチャンスです。自身の将来のキャリアに役立つ貴重な経験を積んでいただけるよう、しっかりと準備をして進んでください。最終的な進路選択は自身の意思と希望に基づいて行ってください。以上、留学生の皆さんのOPT利用の成功と将来のキャリアの幸せをお祈りしています。

よくある質問

1. OPTとは何ですか?

OPT(Optional Practical Training)は、アメリカで留学生向けに作られた制度であり、卒業後に最長1年間の企業研修を受けることができます。

2. OPTの申請手続きにはどのような書類が必要ですか?

OPTの申請には、パスポートのコピー、I-765申請書、OPT申請費用、証明写真2枚、I-20のコピー、I-94のコピー、F-1ビザのコピーが必要です。

3. OPT期間中に就労するには何時間働く必要がありますか?

OPT期間中は週に最低21時間以上の就労が必要です。無給のインターンシップでも問題ありません。

4. OPT期間終了後、アメリカに滞在することはできますか?

OPT期間終了後はアメリカを出国するか、別のビザに切り替える必要があります。

5. OPT期間中に無職の期間があっても大丈夫ですか?

OPT期間中は無職期間が合計で90日以上続くとビザルール違反となるため、注意が必要です。

6. OPT終了後の進路はどのように選ぶべきですか?

OPT終了後の進路は、日本に帰国する、就労先でのビザサポートを受ける、学業を続けるなどの選択肢があります。自身の目標や希望に基づいて、将来のキャリアを考えることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました