留学航空券をお得にゲット!安く手に入れる方法とポイントを紹介

スポンサーリンク
travel 生活

留学する際に航空券を安く手に入れることは大切です。しかし、航空券を購入する方法やポイントを知らないと、高額な費用を払うことになってしまうかもしれません。そこで今回は、「留学の航空券を安く購入する方法とポイント」について紹介します。ハイシーズンの避け方や比較サイトの活用法、格安航空券の選び方など、航空券をお得に手に入れるためのノウハウをご紹介します。留学を計画している方は、ぜひチェックしてみてください。

1. 留学の航空券を安く購入する方法とポイント

airplane

留学する際に航空券を安く手に入れることは重要です。このセクションでは、留学の航空券を安く購入する方法とポイントを紹介します。

1.1 ハイシーズンを避ける

航空券を安く購入するためには、ハイシーズンを避けることが大切です。夏休みや春休み、年末年始などは航空券の需要が高まり、価格が上昇します。そのため、できるだけハイシーズンを避けて渡航することをおすすめします。また、日本の休暇シーズンと海外の休暇が重なるとさらに航空券の価格が高くなる傾向があります。イースターやクリスマスなど、海外でも休みを取る人が多い時期も避けるべきです。

1.2 比較サイトを利用する

航空券の価格を比較するためのサイトを利用することもおすすめです。比較サイトを利用すると、複数の航空会社のチケット情報を簡単に比較することができます。出発日や行き先などの条件を入力すると、条件に合ったチケットを一覧で表示してくれます。ただし、競争が激しいため、価格は検索のタイミングによって変動することがあります。良いフライトを見つけたら早めに予約することが大切です。

1.3 格安航空券を選ぶ

航空券の種類には正規航空券、割引航空券、格安航空券があります。中でも最も安く手に入れることができるのは格安航空券です。格安航空券はLCCではなく、旅行代理店がツアー用に用意しているチケットです。ただし、格安航空券にはいくつかの注意点があります。深夜や早朝に発着する便や平日に運行される便が多いため、柔軟なスケジュールが必要です。また、繁忙期のGWや年末年始には格安航空券が販売されないこともあります。

留学の航空券を安く購入するためには、ハイシーズンを避ける、比較サイトを利用する、格安航空券を選ぶという3つのポイントが重要です。これらを上手に活用して、お得に航空券を購入しましょう!

2. 留学航空券の種類と特徴

airplane

片道航空券

留学では、多くの人が片道航空券を購入して入国します。帰国日が未定の場合や、複数の国を旅行後に帰国する予定の場合、片道の航空券を購入することをおすすめします。ただし、片道航空券には往復割引が適用されないため、航空券代が高くなることに注意しましょう。

FIX航空券

FIX航空券は、出発日と帰国日があらかじめ決まっているチケットです。帰国日や帰国時の空港が予め確定している場合におすすめです。片道ずつ購入するよりも費用を抑えやすく、入国審査もスムーズに進めることができます。ただし、スケジュール変更時に手数料がかかる場合や片道の払い戻しができない場合があるので、予約前に注意が必要です。

OPEN航空券

OPEN航空券は、有効期間内であれば復路の便を自由に変更できるチケットです。帰国日が確定していないが、仮の帰国便を抑えたい場合に便利です。ただし、約1年先までの便しか確保できないため、1年以上の滞在計画の場合にはおすすめできません。

留学航空券を購入する前に、自分の留学計画に合わせて適切な航空券を選ぶことが大切です。各航空券の特徴を理解し、留意点を押さえながら予約しましょう。

3. 航空券を安く抑えるためのコツ

flight

航空券代をできるだけ安く抑えるためには、いくつかのコツがあります。以下に、航空券をお得に入手するためのポイントをご紹介します。

比較サイトを活用する

航空券を安く入手するためには、比較サイトを利用することがおすすめです。特に人気のある「スカイスキャナー」と「エアトリ」は、複数の航空会社の料金やフライト時間、経由地などをまとめて検索できます。出発地や出発時期を少し変更するだけでも、数万円も費用を節約できることもあります。いくつかのパターンで検索しながら、お得な航空券を探してみましょう。

人気シーズンや週末の渡航は避ける

航空券代を抑えるためには、人気シーズンや週末の渡航を避けることも大切です。GWやお盆休み、年末年始などの人気シーズンでは航空券が高くなる傾向があります。また、週末に近い日程も費用が高くなりやすいため、注意が必要です。特に日本から近い国への渡航では、週末を利用する人が多くなり、値上がりしやすいです。比較サイトを利用しながら、最適な渡航時期を見つけましょう。

格安航空券の条件を確認する

格安航空券は費用を抑えることができますが、いくつかの条件を確認することが重要です。発着時間が深夜や早朝に設定されていることが多いため、安全面を考慮してホテルまでの送迎の手配が必要です。また、手荷物が別料金や変更・払い戻しができない場合があるため、注意が必要です。格安航空券を利用する際は、予約前に規約をしっかりと確認しましょう。

これらのコツを活用することで、航空券代をできるだけ抑えることができます。是非、留学の航空券をお得に入手してください!

4. 航空券の購入方法と注意点

plane ticket

航空券を購入する方法はさまざまな選択肢がありますが、購入にあたってはいくつかの注意点があります。以下で詳しく説明いたします。

4.1 購入に必要なもの

航空券を購入する際には、以下のものを用意しておく必要があります。

  • パスポート
  • クレジットカード(Visa、Master推奨)
  • パソコン(ネット環境)

パスポートは渡航期間をカバーしている必要があります。また、ビザを伴う留学の場合は、ビザ取得に使用したパスポートも必要です。パスポートのお名前が変更されている場合は、最新のお名前で航空券の手続きを行ってください。

航空券の支払い方法としてクレジットカードが主流です。VisaやMasterのクレジットカードを用意しておくと便利です。ただし、航空券には他の支払い方法もありますので、必ずしもクレジットカードが必要ではありません。

パソコンは航空券のリサーチや比較に役立ちますが、最近は携帯のアプリでも航空券の情報を入手することができますので、必ずしも必要ではありません。

4.2 購入に注意すべきこと

航空券を購入する際には、以下の点に注意しましょう。

  1. 日程(出発日、到着日、到着時間):留学の日程や到着時間を正確に理解し、航空券の購入手続きを行いましょう。留学では到着日や時間が重要な要素となりますので、間違えないようにしましょう。
  2. 出発地と目的地:出発地と目的地を正確に把握し、適切な航空券を選ぶようにしましょう。また、乗り継ぎの際には、十分な時間を確保して移動できるように計画しましょう。
  3. 乗り継ぎ時間:乗り継ぎの際には、乗り継ぎ時間をしっかりと確認しましょう。乗り継ぎの時間が短すぎると、乗り継ぎに失敗する可能性がありますので注意が必要です。
  4. 金額:航空券の値段は重要な要素ですが、航空券代金だけでなく、空港税や付随費用も合わせて確認しましょう。安い航空券の場合、空港税などの費用が高くなることもありますので注意が必要です。
  5. 購入後の日時変更可否:航空券によっては、購入後の日時変更ができないものもあります。購入前に日時変更の可否を確認し、自分のスケジュールと照らし合わせて選ぶようにしましょう。
  6. 購入後のキャンセル規定:航空券にはキャンセル規定もありますので、購入前に確認しましょう。特に格安航空券やLCCの場合、キャンセルに厳しい条件が設けられていることがありますので注意が必要です。

以上が航空券の購入方法と注意点です。購入前に十分に準備をして、留学に向けた旅のスタートを切りましょう。

5. お得な渡航時期と購入タイミング

travel

航空券を安く購入するには、お得な渡航時期と購入タイミングを知ることが重要です。以下に、航空券をお得に購入するためのポイントをご紹介します。

渡航時期を考慮する

航空券が安くなる時期は、通常と比べて需要が低くなるオフシーズンです。日本のオフシーズンは、以下のような時期です。

  • 正月明け~2月中
  • 4月上旬~GW前
  • GW明け~6月中
  • 10月~11月

また、渡航先のオフシーズンも確認することが重要です。その国ならではのイベントが開催される時期は、イベントシーズン直前に航空券が値上がりする傾向があります。イベント後の便を予約するなどの工夫が必要です。また、現地の気候も航空券代に影響することがあります。悪天候の時期は値下がりしやすいため、予約前に現地の気候を把握することをおすすめします。

購入タイミングを考える

航空券を安く購入するためには、購入タイミングも重要です。以下のポイントを参考にしてください。

  • 渡航日が決まったら早めに購入することがおすすめです。特に留学の場合は、渡航日を学校に知らせる必要があります。
  • 一般的には、留学の3ヶ月前までに帰国日も決めて購入することをおすすめします。
  • 航空会社によって異なりますが、航空券の価格は渡航日の2〜3ヶ月前から下がり始めることがあります。この時期を狙って購入すると、定価の半額以下で航空券を手に入れることもあります。
  • コロナ禍の影響で留学の航空券は購入タイミングが変わりました。現在は直前の購入が安心です。入国条件やフライトスケジュールが急に変更されることもあるため、1〜2週間前の購入がおすすめです。

お得な渡航時期と購入タイミングは、航空券代を抑えるために重要なポイントです。上記のポイントを参考にして、自身の留学計画に合わせた最適な時期とタイミングで航空券を購入しましょう。

6. 往復航空券と片道航空券の比較と選び方

airplane

航空券を購入する際に悩むポイントの一つが、往復航空券と片道航空券のどちらを選ぶかです。それぞれにはメリットやデメリットがありますので、自身の留学プランに合った選択をする必要があります。

往復航空券のメリット・デメリット

往復航空券のメリットは以下の通りです:

  • 入国審査がスムーズに進むことが多い
  • 片道航空券よりもお得な場合がある
  • 往路と復路のチケットをセットで購入することで、帰国日を変更できる場合がある

一方、デメリットは以下の通りです:

  • 帰国日を決めておかなければならない
  • 航空会社によっては帰国日の変更に手数料がかかることがある

片道航空券のメリット・デメリット

片道航空券のメリットは以下の通りです:

  • 往復航空券よりも安く購入できることが多い
  • 帰国日を自由に決められる
  • 予定していた帰国日や次の旅行先を柔軟に変更できる

しかし、デメリットもあります:

  • 入国審査で帰国日を厳しく追及されることがある
  • 入国条件に帰国便の予約がある国では利用できない場合がある

往復航空券と片道航空券の選び方

留学期間によって、往復航空券か片道航空券かを選ぶことをおすすめします。

短期留学の場合(1週間〜1ヶ月)

短期留学の場合は、帰国日がすでに決まっているため、往復航空券を購入しましょう。予定を変更する可能性も低いため、往復航空券の方が費用を抑えられます。

長期留学の場合(1ヶ月以上)

長期留学の場合は、往復航空券のオープンチケットがおすすめです。オープンチケットは帰国日を決める必要がない上、有効期限内であれば変更が可能です。長期留学は予定が立てにくいため、帰国日を柔軟に変更できるオープンチケットが便利です。

なお、往復航空券を購入した場合でも、帰国日が変更になった場合は航空会社に連絡して対応しましょう。無断での片道破棄は契約違反となり、ペナルティや罰金が発生する場合があります。

航空券の選択は留学プランや予算に応じて決めるべきです。自分の滞在期間と予定変更の可能性を考慮し、上手に航空券を選んで留学の準備を進めましょう。

まとめ

留学の航空券を手に入れる際には、ハイシーズンを避けることや比較サイトを利用するなどのポインツを押さえることが重要です。留学の航空券は往復航空券と片道航空券の選択肢がありますが、短期留学では往復航空券、長期留学ではオープンチケットがおすすめです。また、お得な渡航時期や購入タイミングも把握して、航空券代をできるだけ抑えることが大切です。航空券の購入に際しては、必要なものを用意し、注意事項を確認してから購入しましょう。留学の航空券をお得に手に入れるために、これらのポイントを上手に活用してください。

よくある質問

Q1. 留学の航空券を安く購入するためにはどのような方法がありますか?

留学の航空券を安く購入するためには、以下の方法があります:

  • ハイシーズンを避ける
  • 比較サイトを利用する
  • 格安航空券を選ぶ

Q2. オフシーズンや人気シーズンを把握するためにどのような情報源がありますか?

オフシーズンや人気シーズンの情報を把握するためには、以下の情報源を活用できます:

  • 航空会社の公式ウェブサイト
  • 旅行情報サイトやブログ
  • 留学エージェントや旅行代理店

Q3. 留学の航空券を購入する際の注意点はありますか?

留学の航空券を購入する際に注意すべき点は以下です:

  • 渡航日程や到着時間を正確に確認する
  • 出発地と目的地を正確に把握する
  • 乗り継ぎ時間を確認し、十分な時間を確保する
  • 航空券の価格だけでなく、空港税や付随費用も確認する
  • 購入後の日時変更やキャンセルの可否を確認する

Q4. 往復航空券と片道航空券、どちらを選ぶべきですか?

往復航空券と片道航空券を選ぶ際のポイントは以下です:

  • 短期留学の場合は往復航空券がおすすめです
  • 長期留学の場合はオープンチケットがおすすめです
  • 自身の留学期間や予定変更の可能性を考慮して選ぶべきです

Q5. 航空券の購入タイミングはいつがおすすめですか?

航空券の購入タイミングは以下のポイントを考慮して選ぶべきです:

  • 渡航日が決まったら早めに購入することがおすすめです
  • 一般的には、渡航日の2〜3ヶ月前から購入が始まることがあります
  • コロナ禍の影響で直前の購入が安心です

Q6. 留学航空券を安く購入するためにはどのようにすればよいですか?

留学の航空券を安く購入するためには、以下のポイントを活用しましょう:

  • ハイシーズンを避ける
  • 比較サイトを利用する
  • 格安航空券を選ぶ
  • お得な渡航時期や購入タイミングを把握する

コメント

タイトルとURLをコピーしました