Keychronキーボードおすすめ徹底比較!あなたに合った最高のタイピング体験を見つけよう

スポンサーリンク
keyboard 生活

Keychronキーボードは、人気のあるブランドであり、優れたタイピング体験を提供しています。しかし、様々なモデルと選択肢があり、どれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いことでしょう。そこで、今回はKeychronキーボードの特徴と選び方についてご紹介します。レイアウトの違いやキースイッチの種類、接続方法、そして各モデルの概要と比較など、詳しく解説していきます。自分に合ったKeychronキーボードを見つけて、快適なタイピングの世界へと飛び込んでみませんか?

  1. 1. Keychron キーボードの特徴と選び方
    1. レイアウトの違い
    2. キースイッチの種類
    3. 接続方法
    4. サイズの違い
  2. 2. Keychron Kシリーズの概要と比較
    1. Kシリーズ
    2. K Proシリーズ
    3. Sシリーズ
    4. Rシリーズ
    5. Qシリーズ
    6. Q Proシリーズ
    7. Vシリーズ
    8. コラボレーション
    9. Cシリーズ
  3. 3. Keychron K2、K6、K8の特徴と違い
    1. Keychron K2
    2. Keychron K6
    3. Keychron K8
  4. 4. Keychron CシリーズとQシリーズの使いやすさ比較
    1. Keychron Cシリーズ
    2. Keychron Qシリーズ
  5. 5. 日本語配列と英語配列のキーボード選びのポイント
    1. 日本語配列のキーボード
      1. 1. JIS配列かUS配列か
      2. 2. キーボードの物理配列
      3. 3. 日本語入力に便利なキーの配置
    2. 英語配列のキーボード
      1. 1. US配列かUK配列か
      2. 2. 物理配列とキーボードのサイズ
  6. 6. Keychron K8の詳細なレビューとパッケージ内容
    1. 6.1 パッケージ内容
    2. 6.2 Keychron K8の選択肢
      1. 6.2.1 フレーム&LEDカラー(VERSION)
      2. 6.2.2 キースイッチ(SWITCH TYPE)
      3. 6.2.3 軸の重さ(SWITCH OPTION)
    3. 6.3 有線と無線の使い方
    4. 6.4 まとめ
  7. まとめ
  8. よくある質問
    1. Q1. Keychronキーボードの特徴は何ですか?
    2. Q2. 日本語配列と英語配列のキーボードはどう選べばいいですか?
    3. Q3. Keychron Kシリーズのうち、どのモデルがおすすめですか?
    4. Q4. Keychron CシリーズとQシリーズ、どちらが使いやすいですか?
    5. Q5. Keychron K8のパッケージ内容は何ですか?
    6. Q6. Keychron K8の有線と無線の使い方を教えてください。

1. Keychron キーボードの特徴と選び方

keyboard

Keychronは、人気のあるキーボードブランドであり、購入する際にはいくつかの特徴をチェックする必要があります。以下には、選ぶ際のポイントと特徴があります。

レイアウトの違い

キーボードには、日本語配列と英語配列の2種類があります。このため、購入する際にはレイアウトを確認する必要があります。また、かな表記があるかどうかだけでなく、キーレイアウトにも違いがあります。たとえば、[]キーはプログラマーや開発者などがよく使用するので、対になって配置されていることが多いです。日本語の入力を日常的に行っている場合は、日本語配列のほうが使いやすいかもしれません。

キースイッチの種類

Keychronキーボードには、Gateronメカニカルキースイッチとオプティカルスイッチがあります。Gateronメカニカルキースイッチには、赤軸、青軸、茶軸のバリエーションがあります。赤軸は静かなキーストロークであり、青軸はクリッキーな音が特徴です。茶軸はタクタイルなキーストロークであり、打鍵感が異なります。ホットスワップ対応モデルでは、キースイッチの交換が可能です。

接続方法

Keychronキーボードには、ワイヤレスと有線接続の両方に対応したモデルがあります。Bluetooth 5.1によるワイヤレス接続とUSB Type-Cによる有線接続の両方をサポートしているモデルもあります。使用するデバイスによって接続方法に注意が必要です。

サイズの違い

Keychronキーボードは、サイズのバリエーションが豊富です。テンキーレスのモデルだけでなく、フルキーボードもあります。数字の入力が多い場合は、フルサイズのキーボードが最適です。スペースの制約がある場合は、65%サイズのキーボードが選択肢として考えられます。キーレイアウトが異なる場合もあるため、矢印キーの位置なども確認する必要があります。

以上が、Keychronキーボードの特徴と選び方のポイントです。次のセクションでは、Keychron Kシリーズの概要と比較について説明します。

2. Keychron Kシリーズの概要と比較

keyboard

Keychron Kシリーズは、Keychronの最もポピュラーなメカニカルキーボードシリーズです。このシリーズでは、キーボードの機能や特徴が異なる9つのモデルが展開されています。以下では、各モデルの概要と比較を行います。

Kシリーズ

  • 価格: 普通
  • 接続方式: 無線/有線
  • プロファイル: Normal / Low
  • QMK/VIA対応: 非対応
  • 国内購入: 一部正規販売あり

K Proシリーズ

  • 価格: やや高い
  • 接続方式: 無線/有線
  • プロファイル: Normal / Low
  • QMK/VIA対応: 対応
  • 国内購入: 一部正規販売あり

Sシリーズ

  • 価格: やや高い
  • 接続方式: 有線
  • プロファイル: Low
  • QMK/VIA対応: 対応
  • 国内購入: 個人輸入

Rシリーズ

  • 価格: 高い
  • 接続方式: 無線/有線
  • プロファイル: Ultra Low
  • QMK/VIA対応: 不明
  • 国内購入: 未発売

Qシリーズ

  • 価格: 高い
  • 接続方式: 有線
  • プロファイル: Normal / Low
  • QMK/VIA対応: 対応
  • 国内購入: 一部正規販売あり

Q Proシリーズ

  • 価格: 高い
  • 接続方式: 無線/有線
  • プロファイル: Normal
  • QMK/VIA対応: 対応
  • 国内購入: 個人輸入

Vシリーズ

  • 価格: やや高い
  • 接続方式: 有線
  • プロファイル: Normal
  • QMK/VIA対応: 対応
  • 国内購入: 並行輸入/個人輸入

コラボレーション

  • 価格: 高い
  • 接続方式: 有線
  • プロファイル: Normal
  • QMK/VIA対応: 一部対応
  • 国内購入: 個人輸入

Cシリーズ

  • 価格: 安い
  • 接続方式: 有線
  • プロファイル: Normal
  • QMK/VIA対応: 一部対応
  • 国内購入: 並行輸入/個人輸入

Kシリーズは無線/有線接続が可能で、一部モデルには正規販売代理店からの国内購入も可能です。一方、K ProシリーズはQMK/VIA対応があり、一部正規販売代理店からの国内購入も可能です。Sシリーズは有線接続のみで、個人輸入が必要です。Rシリーズはまだ未発売で詳細は不明です。Qシリーズは有線接続でQMK/VIA対応があり、一部正規販売代理店からの国内購入も可能です。Q Proシリーズは無線/有線接続が可能で、個人輸入が必要です。Vシリーズは有線接続で、並行輸入/個人輸入が必要です。コラボレーションシリーズは一部対応のQMK/VIAとなっており、個人輸入が必要です。Cシリーズは安価なモデルで、一部対応のQMK/VIAとなっており、並行輸入/個人輸入が必要です。

各シリーズの特徴や価格帯に応じて、自分に合ったKeychronキーボードを選んでみてください。

3. Keychron K2、K6、K8の特徴と違い

keyboards

Keychron K2、K6、K8は、Keychronキーボードの中でも人気のあるモデルです。それぞれの特徴と違いを見てみましょう。

Keychron K2

  • デザイン優先の方に向いています。
  • ミニマムなサイズで、スペースを取らずに使えます。
  • JIS配列のキーボードです。
  • Bluetooth 5.1と有線接続が可能です。
  • 薄型なので、持ち運びにも便利です。

Keychron K6

  • 65%レイアウトを採用しており、矢印キーが使いやすいです。
  • Bluetooth 5.1と有線接続が可能です。
  • ロープロファイルのキースイッチを採用しています。
  • キーボードのフレームはアルミニウムで耐久性があります。

Keychron K8

  • テンキーレスのキーボードで、スペースを取らずに使えます。
  • JIS配列からUS配列に挑戦したい方におすすめです。
  • Bluetooth 5.1と有線接続が可能です。
  • スタイリッシュなデザインで、モノトーンとレトロ感があります。

以上の特徴を踏まえて、自分に合ったキーボードを選ぶことが大切です。デザイン重視ならばK2、矢印キーを使いたいならばK6、テンキーレスでアレンジしたいならばK8がおすすめです。また、キースイッチの選択やキーボードのフレーム素材なども考慮して決めましょう。

4. Keychron CシリーズとQシリーズの使いやすさ比較

keyboard

Keychronキーボードの中でも、CシリーズとQシリーズは特に人気があります。それぞれの使いやすさを比較してみましょう。

Keychron Cシリーズ

Cシリーズは、低価格でありながら高い打鍵感を持つキーボードです。以下にCシリーズの特徴をまとめました。

  • 有線接続のみ対応しており、無線接続は利用できません。
  • キーボード本体はプラスチック製であり、アルミニウムフレームは採用されていません。
  • プロファイルはNormal/Lowであり、キーキャップはシングルショットABS素材です。
  • QMK Firmwareに対応し、キーマップを自由に変更することができます。

Cシリーズは、予算を抑えながらも高品質なメカニカルキーボードをお求めの方におすすめです。

Keychron Qシリーズ

Qシリーズは、より高級感を求める方に向けたキーボードです。以下にQシリーズの特徴をまとめました。

  • 有線接続のみ対応しており、無線接続は利用できません。
  • キーボード本体はアルミニウムフレームを採用しており、高い耐久性と安定性を実現しています。
  • プロファイルはNormal/Lowであり、キーキャップはダブルショットPBT素材です。
  • QMK FirmwareとVIAに対応しており、キーマップの変更が可能です。

Qシリーズは、デザインにこだわりつつも高いパフォーマンスを求める方におすすめです。

以上の比較から、Cシリーズは予算を重視し、Qシリーズはデザインや性能を重視する方に適しています。自身のニーズに合わせて、どちらのシリーズを選ぶか検討してみてください。

5. 日本語配列と英語配列のキーボード選びのポイント

keyboard

キーボードの選び方において、重要な要素の1つはキーボードの配列です。特に日本語を使用する場合には、日本語配列のキーボードを選ぶ必要があります。一方、英語を使用する場合には英語配列のキーボードが適しています。以下では、日本語配列と英語配列のキーボード選びのポイントをご紹介します。

日本語配列のキーボード

日本語配列のキーボードは、日本語の文字入力をスムーズに行うために特化しています。以下のポイントを考慮して選ぶことが重要です。

1. JIS配列かUS配列か

日本語配列のキーボードには、主にJIS配列とUS配列の2つのタイプがあります。JIS配列は日本国内で一般的な配列であり、主に漢字入力やかな入力に特化しています。一方、US配列は英語圏で一般的な配列であり、日本語の文字入力にも対応していますが、いくつかのキーの配置が異なります。日本語を主に使用する場合には、JIS配列のキーボードを選ぶことがおすすめです。

2. キーボードの物理配列

日本語配列のキーボードには、様々な物理配列があります。例えば、100%、96%、80%TKL、75%、70%、65%、60%、40%などがあります。これらの物理配列は、キーボードのサイズやキーの配置を表しています。自分の使用用途や好みに合わせて、適切な物理配列のキーボードを選ぶことが重要です。

3. 日本語入力に便利なキーの配置

日本語を入力する際に便利なキーの配置も重要な要素です。例えば、かな入力切替キー、全角/半角切替キー、変換キーなどが日本語配列のキーボードには必要です。これらのキーが使いやすく配置されているかを確認し、自分の使用習慣に合うキーボードを選びましょう。

英語配列のキーボード

英語を主に使用する場合には、英語配列のキーボードを選ぶことがおすすめです。以下のポイントを考慮して選ぶことが重要です。

1. US配列かUK配列か

英語配列のキーボードには、主にUS配列とUK配列の2つのタイプがあります。US配列はアメリカのキーボード配列であり、一般的な英語圏でのキーボード配列です。一方、UK配列はイギリスのキーボード配列であり、一部のキーの配置が異なります。自分の使用環境や好みに合わせて、適切な配列のキーボードを選ぶことが重要です。

2. 物理配列とキーボードのサイズ

英語配列のキーボードにも様々な物理配列やキーボードのサイズがあります。自分の使用用途や好みに合わせて、適切な物理配列やキーボードのサイズを選びましょう。

以上のポイントを考慮して、自分の使用用途や好みに合った日本語配列または英語配列のキーボードを選びましょう。キーボードが自分に合っていると、快適なタイピング体験を提供してくれるでしょう。

6. Keychron K8の詳細なレビューとパッケージ内容

keyboard

Keychron K8は、テンキーレスのメカニカルキーボードで、有線と無線のハイブリッドな使用が可能です。また、WindowsでもMacでも使用することができます。

6.1 パッケージ内容

Keychron K8のパッケージには以下のものが含まれています:

  • キーボード本体
  • Windows用や付け替え用のスイッチ
  • キーキャッチ
  • 英語と中国語の説明書

なお、現在は保証の面から考えてもAmazonからの購入をお勧めします。

6.2 Keychron K8の選択肢

Keychron K8の購入時には、以下の選択肢を検討することができます:

6.2.1 フレーム&LEDカラー(VERSION)

フレームとLEDカラーの選択は、VERSIONという項目で行います。フレーム素材はプラスチックかアルミニウムを選ぶことができます。プラスチックの場合はバックライトのLEDカラーがWHITEもしくはRGB、アルミニウムの場合はRGBのみとなります。

  • プラスチックフレーム:バックライトのLEDカラーがWHITEもしくはRGB
  • アルミニウムフレーム:バックライトのLEDカラーがRGBのみ

注意点として、アルミニウムフレームを選ぶと+10$、RGBバックライトを選ぶと+10$となり、フレーム素材をアルミニウムにすると価格が20$上がります。

6.2.2 キースイッチ(SWITCH TYPE)

キースイッチには以下の選択肢があります:

  • Getron Mechanical(ホットスワップ非対応)
  • Getron (Hot-Swappable) ホットスワップ対応
  • Keychron Optical (Hot-Swappable)
  • Getron Optical (Hot-Swappable)

キースイッチを変えて打鍵感を追求したい方には、ホットスワップ対応のものをお勧めします。ホットスワップ対応とは、はんだ付けせずにキースイッチを交換できることを指します。

6.2.3 軸の重さ(SWITCH OPTION)

キーボードの打鍵感に大きく影響する軸の重さには以下の選択肢があります:

  • 赤軸|Red リニア:音が小さく、打ち心地が軽め
  • 青軸|Blue クリッキー:打鍵感があり、カチカチ音が大きい
  • 茶軸|Brown タクタイル:リニアとクリッキーの中間

軸の重さは個人の好みによるため、自分に合った軸を選ぶことが重要です。

6.3 有線と無線の使い方

Keychron K8は有線と無線(Bluetooth)の切り替えができます。有線の場合は、モード切替スイッチを「Cable」にし、USB-C端子からケーブルで接続します。無線(Bluetooth)の場合は、モード切替スイッチを「Cable」にし、Fn+1キーを4秒以上長押ししてから接続する機器のBluetoothから「Keychron K8」を選択します。

最大3台までのペアリングが可能で、ペアリング設定済みの機器の切替は、Fn+1/2/3を押すだけで簡単に切り替えることができます。

なお、WindowsとMac、AndroidとiOSの切り替えもサイドの切り替えスイッチで簡単に行うことができます。

6.4 まとめ

Keychron K8はテンキーレスのメカニカルキーボードで、さまざまな選択肢があります。フレーム素材やLEDカラー、キースイッチの種類、軸の重さなど、自分の好みに合わせてカスタマイズすることができます。

有線と無線の使用や複数台のペアリング機能も備えており、WindowsでもMacでも使用することができます。

ぜひ、1度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Keychronキーボードの特徴と選び方についてご紹介しました。レイアウトの違いやキースイッチの種類、接続方法、そして各モデルの概要と比較など、詳しく解説してきました。自分に合ったKeychronキーボードを選ぶことで、優れたタイピング体験を手に入れることができます。デザイン重視の方におすすめのK2や、矢印キーを使いたい方にはK6、テンキーレスでアレンジしたい方にはK8など、さまざまなモデルがあります。さらに、CシリーズやQシリーズなど、価格帯や使いやすさに応じた選択肢もあります。ぜひ自分のニーズに合ったKeychronキーボードを選び、快適なタイピングの世界へと飛び込んでみてください。

よくある質問

Q1. Keychronキーボードの特徴は何ですか?

A1. Keychronキーボードは優れたタイピング体験を提供する人気のあるブランドです。様々なモデルと選択肢があり、自分に合ったキーボードを選ぶことができます。

Q2. 日本語配列と英語配列のキーボードはどう選べばいいですか?

A2. 日本語を使用する場合は日本語配列のキーボード、英語を使用する場合は英語配列のキーボードを選ぶことをおすすめします。

Q3. Keychron Kシリーズのうち、どのモデルがおすすめですか?

A3. K2はデザイン重視、K6は矢印キーを使用したい方、K8はテンキーレスでアレンジしたい方におすすめです。自分の好みや使用目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

Q4. Keychron CシリーズとQシリーズ、どちらが使いやすいですか?

A4. Cシリーズは低価格でありながら高品質なキーボードであり、予算を重視する方におすすめです。一方、Qシリーズは高級感を重視したデザインや性能があり、デザインにこだわりつつも高いパフォーマンスを求める方におすすめです。

Q5. Keychron K8のパッケージ内容は何ですか?

A5. Keychron K8のパッケージにはキーボード本体、Windows用や付け替え用のスイッチ、キーキャッチ、説明書などが含まれています。

Q6. Keychron K8の有線と無線の使い方を教えてください。

A6. Keychron K8は有線と無線の切り替えが可能です。有線接続の場合はケーブルで接続し、無線接続の場合はBluetoothで接続します。最大3台までのペアリングが可能です。WindowsやMac、AndroidとiOSの切り替えも簡単に行うことができます。

以上がよくある質問とその回答です。他にもご質問がありましたらお気軽にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました