アメリカ留学成功の鍵!おすすめコミュニティカレッジ選びのポイント

スポンサーリンク
college 留学情報





はじめに

今回は、アメリカのコミュニティカレッジでの留学をお考えの方に向けて、おすすめ情報をご紹介します。コミュニティカレッジ選びに悩んでいる方や留学先を探している方にも役立つ情報を提供します。また、弊社ではアメリカの公立2年制大学である「コミュニティカレッジ」をご紹介しています。寮がある学校や特殊な専攻がある学校など、様々な選択肢があることをお伝えし、自分に合った留学プランを作成しましょう。

選ぶべきポイント

college

コミュニティカレッジを選ぶ際に重要なポイントをいくつかピックアップしました。それぞれのポイントについて、具体的な情報とともにご紹介します。

寮があるか否か

寮があるコミュニティカレッジは20校中6校のみで、寮がある理由としては学校まで近い、自立した生活を送れる、同世代の学生との共同生活・友達作り、安全面が挙げられます。逆に寮がない場合はホームステイをおすすめしており、ホームステイは現地の家族と暮らすことでアメリカの生活を体験できるというメリットがあります。

留学生活において、どのような環境で過ごしたいかを考慮して、寮がある学校とホームステイを選択肢に入れるかを検討しましょう。

ロケーションの選び方

ロケーションで選ぶと、西海岸、東海岸、その他の地域に分けられます。西海岸は留学生に人気で、カリフォルニアやワシントン州、オレゴン州がおすすめです。東海岸には有名な大学が多くあり、ニューヨークやボストンが人気です。

留学の目的や自分がどのような環境で過ごしたいかを考えた上で、ロケーションを選びましょう。また、費用面で選ぶと、比較的費用の安いコミュニティカレッジや滞在費を抑えられるカレッジがあります。

専攻プログラム

コミュニティカレッジでの留学をお考えの方にとって、専攻プログラムは重要な選択肢となります。特殊な専攻があるコミュニティカレッジもあります。航空整備学のプログラムがある3校は全米でも珍しいです。

留学を通じて身につけたいスキルや、将来のキャリアプランを考慮して、専攻プログラムを選ぶようにしましょう。

おすすめの専攻

aviation

コミュニティカレッジには、留学する際におすすめの専攻があります。ここでは、特に人気の高い専攻や、異色の専攻について具体的にご紹介します。

航空整備学(Aviation Program)

まずは航空整備学(Aviation Program)があり、卒業後には世界中の空港で飛行機の整備士として働ける資格が取得できる人気のプログラムです。これから航空業界で働くことを目指す方にとって、非常に有益なプログラムとなります。

留学期間中に航空整備の知識や技術を身につけられるので、資格取得後にすぐに現場で活躍することができます。

食に関わる専攻

食に関わる専攻としては調理学やお菓子アート、ワインテクノロジーなどがあり、特に調理学はレーンコミュニティカレッジやエルジンコミュニティカレッジでも学ぶことができ、コミュニティカレッジ卒業後にすぐに就職したい方におすすめです。

食に関わるプログラムでは、レストランやホテルなどの業界で働くために必要な知識やスキルを学べるだけでなく、実際の調理実習やイベント運営の経験も積むことができます。これにより、卒業後すぐに現場で活躍できるようになります。

観光業界で働くための専攻

観光業界で働きたい人にはホスピタリティ(観光学)がおすすめの専攻です。ホスピタリティ専攻では、ホテルや旅行業界で働くために求められる知識やスキルを習得できます。

また、現場でのインターンシップ経験も豊富にプログラムに組み込まれており、卒業後、観光業界で活躍するために必要な実践力を身に付けることができます。

英語力を身につけるプログラム

education

英語が苦手な方でも留学できるように、コミュニティカレッジでは英語教育に力を入れたプログラムが提供されています。以下では、ESLやIEPといった語学準備プログラムについて詳しく解説します。

ESL (English as Second Language)

英語を第二言語として学ぶことを目的としたESLプログラムは、留学生がアメリカでの学業や生活に適応できるレベルの英語力を身につけることを目標としています。初級から上級までのレベルがあり、学生は自分の英語力に応じたクラスを受講できます。

通常、半年から1年程度でプログラムを修了することができ、次の学期から英語試験のスコア提出不要で大学のカレッジコースへ進むことができます。

IEP (Intensive English Program)

IEPは、英語を集中的に学ぶことを目的としたプログラムです。通常、1日あたり4~6時間の英語の授業を受け、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングなどのスキルをバランスよく学びます。

プログラム修了後には、英語力が向上し、アメリカでの学業や生活に自信を持って臨めるようになります。

編入について

college

コミュニティカレッジでは、卒業後に4年制大学への編入を目指すことができます。編入についての具体的な情報や、どのように進めていくかについて説明します。

編入のメリット

コミュニティカレッジから4年制大学に編入する場合、学費を抑えられるだけでなく、入学が簡単な場合が多くあります。実際にアメリカに行ってから4年制大学を探すこともできます。 また、コミュニティカレッジでの成績が良ければ、4年制大学での奨学金の取得も可能です。

高校の成績があまりよくなかった場合でも、コミュニティカレッジでの成績が優秀であれば、UCLA、UCバークレー、ワシントン大学などの有名大学への編入も可能です。

編入の手続きと注意点

コミュニティカレッジから編入できる大学はほぼどの大学でも可能であり、各コミュニティカレッジには提携している4年制大学があります。ただし、編入には条件がありますので、早めに学校やインターナショナルオフィスの編入アドバイザーに相談し、情報収集をすることをおすすめします。

また、編入の際には、自分が学んできたコースが大学で認められるかどうかや、編入先の大学で必要とされる英語力などの条件を事前に確認しておくことが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、コミュニティカレッジでの留学において、選ぶべきポイントやおすすめの専攻、英語力を身につけるためのプログラム、編入についての情報を提供しました。これらの情報を参考に、自分に合ったコミュニティカレッジでの留学を選んでください。留学は人生を変える大きなチャンスです。ぜひ、最適なプランを立てて、充実した留学生活を送りましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました