お金がなくても安心!家出をする時に選べる安い過ごす場所

スポンサーリンク
shelter 生活

家出する場合、行き先として選ぶべき場所を選ぶことは非常に重要です。しかし、一番の懸念材料は費用です。家出先を安く抑える方法を考えたことはありますか?以下では、安価な選択肢として利用することができる場所を紹介します。

  1. 1. 家出する場合の過ごす場所の選び方
    1. 1.1 友人宅
    2. 1.2 公園
    3. 1.3 恋人宅
    4. 1.4 ホテル
    5. 1.5 ネットカフェ
    6. 1.6 ゲームセンター
    7. 1.7 24時間営業の飲食店
    8. 1.8 SNSでその日に知り合った人の家
  2. 2. ネットカフェを利用する際の注意点
    1. 会員登録と身分証明が必要
    2. 料金は店舗や地域によって異なる
    3. 女性向けサービスも充実
    4. 12歳以下の子供も利用可能
    5. 分煙されているお店も多い
  3. 3. 実家や友人宅への帰ることのメリットとデメリット
    1. 実家への帰ることのメリット
    2. 実家への帰ることのデメリット
    3. 友人宅への帰ることのメリット
    4. 友人宅への帰ることのデメリット
  4. 4. 家出した高校生の行き先の例
    1. a) 祖父母の家
    2. b) 友達の家
    3. c) ネットカフェ
    4. d) 先輩の家
    5. e) 夜の街
    6. f) シェルター
    7. 注意点:家出した高校生の行き先を捜す際のポイント
  5. 5. ネットカフェ難民から脱するための方法
    1. 市役所や区役所へ相談しに行く
    2. 住み込みの仕事を見つける
  6. 6. 自宅でできる趣味の魅力とおすすめの活動
    1. 6.1 集中して打ち込める
    2. 6.2 自分の好きなタイミングで作業できる
    3. 6.3 天気の影響を受けずに楽しめる
    4. 6.4 体力的な負担が少ない
    5. 6.5 お金のかからないものが多い
    6. 6.6 精神的に前向きになれる
    7. 6.7 スキルアップや副業につなげやすい
    8. 6.8 家にいる時間を有効活用できる
  7. まとめ
  8. よくある質問
    1. Q1: 家出先を選ぶ際の最も安価な選択肢はありますか?
    2. Q2: 実家や友人宅に帰ることはメリットがありますか?
    3. Q3: ネットカフェ難民から脱するための方法はありますか?
    4. Q4: 常に自宅でできる趣味はありますか?
    5. Q5: ネットカフェを利用する際の注意点はありますか?
    6. Q6: 家出した高校生の行き先の例はありますか?

1. 家出する場合の過ごす場所の選び方

青空

家族や友人が家出した場合、行き先となり得る場所をいくつか挙げておくことが大切です。行き先の候補があれば自力で捜すことも可能ですし、発見までの時間を短縮することもできます。

1.1 友人宅

友人の家であれば宿泊を許可してもらいやすいため、頼りやすいと考えて行き先にする人も多くいます。また、心を許している友人であれば家出した理由や抱えている不安・悩みを打ち明けられるので、心理的な安心を得られるという点においても友人宅は行き先の候補として挙げられます。

1.2 公園

公園はお金がかからず迷惑にもならないので、家出先として考えられます。ただ、公園は発見されやすい場所でもあり、家出したことを後悔しているけど戻りにくいという心理状態の人が行きやすい傾向があります。公園は子どもや高齢者などが家出先として考えやすい場所なので、比較的見つけやすいと言えるでしょう。

1.3 恋人宅

恋人の家に頼る傾向があります。また、心理的にも恋人といれば安心できると考えている人は恋人宅に転がり込むでしょう。恋人の場合長期間家に滞在させることを許可する可能性もあり、家族から身を隠すことに協力してしまうかもしれないので早期発見が難しくなります。また、場合によっては2人で引っ越して行方をくらましてしまう可能性もあります。行方が分からなくなると発見までに時間がかかってしまうので、それまでに見つけられるような素早い対応が必要になります。

1.4 ホテル

ホテルであれば、調査する家族や友人から身を隠しつつ生活することができます。ただ、1日程度の滞在ではなく長期的に利用するとなると、まとまったお金が必要になるので、資金面で余裕がない場合は家出の行き先候補には挙げられません。ある程度資金が確保できる、もしくは在宅でも仕事ができるという人はホテルで長期滞在が可能になるので、見つけ出すのは難しくなります。また、家出に協力的な人物が資金を負担してくれている場合もあり、いずれにしてもホテルに滞在されると自力で発見するのは困難になります。

1.5 ネットカフェ

ネットカフェは比較的安い料金で利用できますし、インターネットやシャワーなど最低限の生活を送るのに必要な設備が整っているため、身を隠す場所に適しています。ネットカフェを移動しながら生活すれば発見しにくくなってしまうので、意図的に家出を実行した場合は見つけ出すのに時間がかかってしまう可能性があります。ネットカフェを家出先とする人は多いので、家族や友人が家出したら周辺のネットカフェを捜索してみましょう。

1.6 ゲームセンター

ゲームセンターにいれば周囲から怪しまれることなく過ごすことができます。ゲームをしていないと不自然に思われてしまうのでゲームをしている必要がありますが、そのためにはお金が必要になります。中学生や高校生にとっては長時間滞在できるような資金面での余裕はないので、お金がなくなったら帰ってくる可能性があります。

1.7 24時間営業の飲食店

ファミレスなど24時間営業の飲食店であれば時間を気にせず滞在できるので、家出した人が時間を過ごす場所として利用されることもあります。突発的な家出をした人が24時間営業の飲食店で時間を潰すケースはよくあります。ただ、顔見知りに遭遇する可能性もありますし、半日も滞在していれば店員に怪しまれるでしょう。

1.8 SNSでその日に知り合った人の家

SNSでその日に知り合った人の家に泊まるのは危険と言えます。悪意を持って声を掛けてきているかどうかを見極める方法がないので、SNSでその日に知り合った人の家に泊まるのは危険と言えます。

以上が家出する場合の過ごす場所の選び方となります。各選択肢にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、家族や友人が家出した場合は適切な選択肢を考え、迅速な対応が求められます。

2. ネットカフェを利用する際の注意点

internet cafe

ネットカフェを利用する際には、以下の注意点に気を付ける必要があります。

会員登録と身分証明が必要

ほとんどのネットカフェでは、初めて利用する際に会員登録と身分証明が必要となります。免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書を持参しましょう。身分証明を忘れた場合は、一部の席の利用では不要な場合もあるので、事前にお店に確認しましょう。

料金は店舗や地域によって異なる

ネットカフェの料金は、席の種類や地域によって異なります。30分200円程度から始まり、3時間パックで800円程度、10時間パックで2000円程度と幅広い料金プランがあります。事前に料金を確認しておくことをおすすめします。

女性向けサービスも充実

最近では、女性向けのサービスに力を入れているネットカフェも増えています。女性専用エリアがあり、明るくオシャレで清潔な内装となっています。また、一部の店舗ではナノスチーマやヘアアイロンなどの無料貸し出しサービスも行っているため、女性でも快適に利用することができます。

12歳以下の子供も利用可能

一部のネットカフェでは、12歳以下の子供は無料または半額割引で利用することができます。さらに、ファミリールームが完備されているお店もありますので、子供連れでも気軽に利用することができます。

分煙されているお店も多い

ネットカフェの多くは、分煙されているお店です。完全分煙のお店ならば、タバコの臭いが気になる方でも安心して利用することができます。

以上の注意点を踏まえて、ネットカフェを利用することで自由に過ごすことができます。快適な環境で時間を過ごしたい場合には、ネットカフェを利用してみてはいかがでしょうか。

3. 実家や友人宅への帰ることのメリットとデメリット

home

実家への帰ることのメリット

  • 心理的な安心感: 実家は自分の生まれ育った場所であり、懐かしさや安心感を感じることができます。
  • 料金の負担が軽減: 実家ならば宿泊費などの負担がなく、経済的にも優しい選択肢となります。

実家への帰ることのデメリット

  • 説得される可能性: 家出の理由によっては、家族から再度家に帰るように説得されることがあります。
  • 家出の事実が残る: 実家に戻った後も、家出したことが家族に残り、関係に影響を及ぼす可能性があります。

友人宅への帰ることのメリット

  • 友人の支え: 友人宅ならば心を許している人の元で過ごすことができ、支えを受けることができます。

友人宅への帰ることのデメリット

  • 関係の悪化の可能性: 家出の理由によっては、友人に夫婦間の問題や家庭内の事情に口を出されることがあります。
  • 説得される可能性: 友人から別れるように説得される場合もあります。

以上のメリットとデメリットを考慮した上で、実家や友人宅への帰ることを選択するかどうかを判断することが重要です。家出は個々の事情や状況によって異なるため、自身の心情や信頼できる人々をよく考えた上で意思決定することが大切です。また、帰ることを決めた場合には、事前に話し合いを行い、相手の意見や条件を尊重することも忘れずにしましょう。

4. 家出した高校生の行き先の例

house

家出した高校生の行き先は様々な場所が考えられます。以下に家出した高校生が選ぶ可能性がある行き先をいくつか紹介します。

a) 祖父母の家

祖父母の家は、高校生が家出する場合によく選ばれる場所のひとつです。特に親しい祖父母やバイトをしておらずお金に余裕のない子供にとって、祖父母の家は費用がかからず居心地の良い避難場所となるでしょう。

  • 祖父母からの献身的な世話を受けることができる
  • 安定した居場所が提供される可能性が高い

b) 友達の家

自分の友人の家も、安心して滞在できる場所として考えられます。特に親が不在がちな友達であれば、長期滞在も可能です。

  • 友人の家であれば安心して滞在することができる
  • 友達同士であっても衝突することがあるかもしれない

c) ネットカフェ

ネットカフェは、家出した高校生が行き先に選ぶ場所として多いです。長期滞在も可能なため、滞在費用を抑えながら安定した生活を送ることができます。

  • 安価で軽食やシャワーを利用することができる
  • 広さは限られているが半個室のような空間が提供される

d) 先輩の家

年上の知り合いである先輩や非行グループの家に滞在するケースもあります。しかし、非行グループの家にいる場合にはトラブルに巻き込まれる可能性が高まるため、捜索が必要です。

  • 年上の知り合いであれば頼れる存在となる
  • 非行グループの家にいる場合はトラブルに巻き込まれる可能性がある

e) 夜の街

夜の街は家出した高校生が滞在する場所として危険が伴います。性犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性が高まるため、早急に捜索することが重要です。

  • 性犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性が高い
  • 高校生であっても怪しいバイトに誘われる可能性がある

f) シェルター

家出した高校生が一時的に滞在できる場所としてシェルターがあります。家庭環境が原因で家出する場合や虐待を受けている場合など、安全な場所となるでしょう。

  • 安定した居場所を提供してくれる
  • 学校や仕事に通いながら家に戻る準備をすることができる

注意点:家出した高校生の行き先を捜す際のポイント

家出した高校生の行き先を捜す際には以下のポイントに留意することが重要です。

  1. 家出した高校生の過去の行動や関係性を考慮する
  2. 周辺の友人や親しい人々に情報を集める
  3. ソーシャルメディアやメッセージアプリなどで情報収集を行う
  4. 警察に行方不明者届を出す
  5. 捜査員や専門の機関の協力を得る

家出した高校生の家に戻ってくるまでの時間は、一日から数日程度が一般的です。早期発見と対応が重要なため、家出した高校生の行き先を素早く見つける努力が必要です。

5. ネットカフェ難民から脱するための方法

internet cafe

ネットカフェ難民状態から脱するためには、いくつかの方法があります。以下におすすめの方法を解説します。

市役所や区役所へ相談しに行く

まずおすすめなのが、お近くの市役所や区役所の窓口に生活の相談に行く方法です。役所では、家や仕事を探すサポートや無料で泊まれる場所の紹介などをしてくれることがあります。

相談に行く場合は、以下の点に注意しましょう。

  1. 役所で相談ができるためには、前日から実際にその市区町村にいましたと話すことが重要です。実際に泊まる場所を確保してから相談に行くと良いでしょう。
  2. 生活保護を受けることも検討してみましょう。生活保護は住所不定の状態でも申請が可能であり、最寄りの市役所や区役所の福祉事務所で相談することができます。

住み込みの仕事を見つける

もう一つの方法は、住み込み(寮付き)の仕事を見つけることです。住み込みの仕事なら、住居と仕事が同時に手に入るため、比較的短期間で生活を立て直すことができます。

仕事を見つける際には以下の点に気を付けましょう。

  1. 住所不定状態や携帯の停止などは仕事を探す上での障害となる場合があります。そのような場合には、寮付きの仕事を紹介してくれる求人サイトを利用することをおすすめします。
  2. 弊社「いえとしごと」は、寮付きの仕事の紹介を行っている求人サイトです。仕事を探す上でのサポートをしてくれるので、一度利用してみると良いでしょう。

ネットカフェ難民状態から脱するためには、自身の状況や希望に合わせて最適な方法を選ぶ必要があります。早めに行動を起こし、安定した生活を取り戻すよう努力しましょう。

6. 自宅でできる趣味の魅力とおすすめの活動

hobbies

趣味とは、日常の中で楽しみや充実感を得るために行う活動です。家でできる趣味には、さまざまな魅力があります。以下では、自宅で行える趣味の魅力とおすすめの活動を紹介します。

6.1 集中して打ち込める

自宅で趣味を行うことによって、誰にも邪魔されずに集中して取り組むことができます。例えば、ジグソーパズルや手芸などの黙々と行う趣味は、自宅で一人で没頭するのがおすすめです。集中して何かに取り組むと、充実感を得ることができます。

6.2 自分の好きなタイミングで作業できる

自宅で行う趣味は、好きなタイミングで行うことができます。あまり気が乗らない時はやらなくてもいいですし、逆に時間が続く限り没頭することも可能です。主婦など忙しい方でも合間を見つけて行うことができます。思い立った時に行うことができるため、継続しやすいのが魅力です。

6.3 天気の影響を受けずに楽しめる

外出する必要がない趣味や屋内で行う趣味は、天気の影響を受けずに楽しむことができます。雨や気候の影響で楽しみが制限されることがないため、自分のやりたい時に取り組むことができる特徴があります。

6.4 体力的な負担が少ない

自宅でできる趣味は、外出してどこかに通う必要がないため、体力的な負担が少ないです。特に日常の仕事などで体力を使っている場合、さらに体力を消耗する趣味は難しいでしょう。しかし自宅でできる趣味であれば、体力を使わずに行うことができます。疲れている日はやらないなどの調整も自由に行えます。

6.5 お金のかからないものが多い

自宅で行う趣味の一つの魅力は、お金の負担が少ないことです。趣味の中には、教室や塾に通うための費用がかかるものもありますが、自宅で行う趣味は、材料などの費用が不要なものも多いです。また、必要な材料があっても、自分の予算と相談しながら買い揃えることができます。金銭的な負担が抑えられるため、継続しやすいでしょう。

6.6 精神的に前向きになれる

趣味があることで生活の中に楽しみが生まれ、精神的に前向きになりやすくなります。特に「日々の生活がつまらない」と感じている人にとっては、大きな効果が期待できます。家でできる趣味なら、「やってみよう」と思い立った時にすぐに始められます。その恩恵をすぐに感じることができるでしょう。

6.7 スキルアップや副業につなげやすい

趣味を継続して行えば、スキルアップにつなげることができます。資格の勉強や語学学習などの趣味は、仕事に活かすこともできます。また、手芸作品を販売したりブログアフィリエイトを行ったりすることで、副業の収入源にもなるでしょう。

6.8 家にいる時間を有効活用できる

自宅で趣味を見つけることによって、家にいる時間を有効活用することができます。仕事以外の時間を無駄に過ごしていると感じている方でも、自宅でできる趣味を見つけることで、時間を有意義に過ごすことができます。休日を意欲的に過ごすことで、次に仕事に臨むときも前向きな気持ちになれることもあります。

自宅でできる趣味は多岐にわたります。自分の興味や好みに合わせて、楽しみながら継続できる趣味を見つけてみましょう。家で過ごす時間を有意義に過ごすことで、日常の充実感を得ることができるでしょう。

まとめ

自宅から離れることが難しい状況にある方にとって、家出する場合の過ごす場所を選ぶことは重要な課題です。公園や友人宅など、安価な選択肢として利用できる場所を紹介しました。また、ネットカフェを利用する際の注意点や実家や友人宅への帰ることのメリットとデメリット、家出した高校生の行き先の例などもご紹介しました。

ただし、自宅から離れることは安定した環境を失うことでもあります。そこで、ネットカフェ難民状態から脱するための方法として、市役所や区役所への相談や住み込みの仕事の探求をおすすめしました。

また、自宅でできる趣味の魅力として、集中して打ち込めることや自分の好きなタイミングで作業できることなどを紹介しました。自宅で行う趣味は天気の影響を受けずに楽しめるため、気軽に始めることができます。

自宅から離れることが難しい状況にある方でも、自身の状況や希望に合わせた適切な方法を選ぶことにより、安定した生活や充実感を得ることができるでしょう。自宅でできる趣味を見つけることで、家にいる時間を有意義に過ごし、日常を豊かにすることができます。ぜひ、自分に合った趣味を見つけてみてください。

よくある質問

Q1: 家出先を選ぶ際の最も安価な選択肢はありますか?

A1: ネットカフェや公園などが安価な選択肢として考えられます。

Q2: 実家や友人宅に帰ることはメリットがありますか?

A2: 実家に帰る場合は心理的な安心感や料金の負担の軽減が、友人宅に帰る場合は友人の支えを受けることがメリットとして考えられます。

Q3: ネットカフェ難民から脱するための方法はありますか?

A3: 市役所や区役所に相談しに行く方法や住み込みの仕事を探す方法があります。

Q4: 常に自宅でできる趣味はありますか?

A4: ジグソーパズルや手芸などを自宅で行うことができます。また、資格の勉強や語学学習なども自宅で行える趣味の一つです。

Q5: ネットカフェを利用する際の注意点はありますか?

A5: ほとんどのネットカフェでは会員登録と身分証明が必要です。また、料金は店舗や地域によって異なるため、事前に確認することがおすすめです。

Q6: 家出した高校生の行き先の例はありますか?

A6: 祖父母の家や友人の家、ネットカフェなどが家出した高校生の行き先の一例です。ただし、夜の街や非行グループの家に滞在することは危険が伴うため、注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました