短期留学で楽しむ観光とアクティビティ!予算はどれくらい必要?

スポンサーリンク
travel 留学情報

留学といえば、新たな場所でのスキル習得や文化体験が魅力ですが、その一方で、自由時間に観光やアクティビティを楽しむことも大切なポイントです。特に短期留学では、短い期間で多くの経験を詰め込みたいと考える方も多いでしょう。そこで、今回は”短期留学中に遊ぶとなるとどれくらいお金が必要”というテーマで、数週間の留学期間におすすめの遊びや観光スポット、そしてその費用について解説します。これから短期留学を計画している方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. フィリピン留学のお小遣い額と使用場面

Philippines

1週間あたりの目安額は2万円

フィリピン留学中のお小遣いは、留学生の留学スタイルや目的によって異なります。生活費が低いため、フィリピンでは一般的に1週間あたり2万円ほどのお小遣いを考えることができます。ただし、個別の留学生の状況によって異なるので、自分の目的やスタイルに合わせた予算を考えましょう。

お小遣いの使用場面

留学中のお小遣いは、留学生活を豊かにするために様々な場面で必要になります。以下では、フィリピン留学でのお小遣いの主な使用場面を紹介します。

  1. 食事: 学校の食堂以外で食事をする場合、ローカルなレストランで1食あたり100PHP〜150PHP程度が必要です。
  2. フェアウェルパーティー: 卒業を祝うフェアウェルパーティーでは、他の留学生とレストランで食事やお酒を楽しむことがあります。費用は1食あたり750PHP〜1,000PHP程度が目安です。
  3. 日用品の買い物: 寮には家具や家電は揃っていますが、トイレットペーパーやシャンプーなどの消耗品は自分で用意する必要があります。これらの日用品は物価が安く、それほど多くの金額はかかりません。
  4. 観光・旅行: フィリピンの観光地やアクティビティに参加するためにはお金が必要です。代表的な観光スポットには、それぞれ2,500PHP〜5,000PHP程度がかかることがあります。
  5. お土産: 家族や友人にお土産を買う際にもお金が必要です。ドライフルーツやTシャツ、石けんなどが人気のお土産です。

これらの使用場面に応じて、留学生は自分の予算を考える必要があります。留学生活を充実させたい場合は、予算をそれに合わせて用意しましょう。また、節約したい場合はアクティビティや外食を制限するなどの工夫も必要です。自分の留学目的やスタイルに合わせて、最適なお小遣い額を考えることが大切です。

2. 留学期間による適切なお小遣い額の変化

money

留学する期間が長くなるにつれて、必要なお小遣いの金額も変化してきます。留学期間ごとに適切なお小遣いの金額を考えましょう。

1週間の留学

1週間の留学では、大体2万円のお小遣いが十分です。留学の目的やスタイルによってお小遣い額は異なります。学業に専念し、学校の提供する食事で済ます場合は、1万円〜2万円の用意で十分です。観光や外食を楽しみたい場合は、2万円ほど用意しておくことをおすすめします。

1カ月〜2カ月の留学

1カ月〜2カ月の留学では、学費や生活費の増加に伴い、お小遣いも増やす必要があります。英語学習を重視しながら週末に観光も楽しみたい場合は、1カ月あたり8万円〜10万円ほどのお小遣いが必要です。2カ月留学する場合は、16万円〜20万円程度のお小遣いが安心です。

3カ月以上の留学

3カ月以上の留学では、さらに日用品や交通費も必要となるため、お小遣いはこれまでよりもさらに増えます。3カ月の留学には、24万円〜30万円程度のお小遣いを用意しましょう。4カ月以上の滞在の場合は、1カ月あたり8万円〜10万円を基準に必要な予算を計算すると良いでしょう。

留学期間に応じてお小遣いの金額も変化するため、留学する前に自分の目的やスタイルを考慮して適切な金額を用意しましょう。また、お金の持ち運び方法も考慮することが重要です。留学を最大限に活用するためにも、お金の管理方法にも注意しましょう。

3. 現金で持参すべきお小遣いの金額(1週間、1~2カ月、3カ月以上)

money

フィリピン留学では、留学期間に応じておすすめのお小遣いの金額が異なります。

1週間の留学

  • 1週間の留学では、約2万円のお小遣いが十分です。
  • 生活スタイルや留学の目的によって必要な金額は異なります。
  • 学業に集中し、学校の提供する食事で済ませる場合は、1万円から2万円のお金で十分です。
  • 外食や観光も楽しみたい場合は、約2万円を用意しましょう。

1~2カ月の留学

  • 1カ月から2カ月の留学では、お金がさらに必要になります。
  • 留学期間が長くなるため、日用品や活動費も増えます。
  • 週末の自由時間も増えるため、観光やアクティビティにもお金が必要です。
  • 英語の学習に集中し、週末に数回の観光を楽しみたい場合、1カ月あたり約8万円から10万円のお小遣いを用意しましょう。
  • 2カ月留学する場合は、約16万円から20万円が安心です。
  • お金の用意方法としては、現金で持参する方法やキャッシングを利用する方法などがあります。

3カ月以上の留学

  • 3カ月以上の留学では、期間が長くなるため、さらにお金が必要になります。
  • 日用品や交通費などの支出も増えます。
  • 観光やアクティビティに積極的に参加する機会も増えます。
  • 金額の目安として、3カ月の留学では約24万円から30万円のお小遣いを用意しましょう。
  • 4カ月以上の滞在の場合は、1カ月あたり約8万円から10万円を予算として考えましょう。

これらの金額は目安ですので、個人の生活スタイルや好みによって変動します。留学前に予算をしっかり立て、必要な金額を計算しておくことが重要です。

4. 留学目的別の費用相場

青空

留学の目的や期間によってかかる費用は異なります。以下では、主な留学目的別に費用の相場をご紹介します。

短期留学(1週間)

  • 費用の相場:約5~30万円
  • 概要:ボランティアやホームステイなどの単純な目的であれば学費はかかりませんが、語学留学をする場合は授業料と合わせて10~30万円前後が目安とされています。

春休み・夏休み留学(1ヶ月)

  • 費用の相場:約30~70万円
  • 概要:1週間よりも期間が長いため、できることの幅が広がります。国や目的によって、かかる費用も異なります。

ワーキングホリデー(1年)

  • 費用の相場:約100~140万円
  • 概要:海外での就学・就労ができる長期滞在ビザです。現地での収入によって長期間の費用を抑えられるメリットがあります。

休学・認定留学(6ヶ月)

  • 費用の相場:約120~300万円
  • 概要:語学留学、大学で単位取得、インターンシップなど、目的によって費用が大きく変動します。

大学進学(1年)

  • 費用の相場:約200~500万円
  • 概要:進学する国や学部によって学費に差が出てきます。また、進学準備コースに通う場合はさらに費用がかかる場合もあります。

留学の目的によって費用が異なることがわかりました。留学を検討する際には、自身の目的や予算に合ったプランを選ぶことが重要です。また、留学にかかる費用は参考程度に考え、実際の費用は現地の生活費や為替の変動によって変動する可能性があることも忘れないようにしましょう。

5. 国別の総費用の比較

青空

留学を検討する際に気になるのは、留学先の総費用です。留学先の国によって総費用は大きく異なるため、事前の計画と予算設定が重要です。以下では、主要な留学先国の総費用の比較をご紹介します。

5-1. アメリカ

留学生に人気の高いアメリカは、一般的には高い総費用がかかります。特に生活費や学費が高額であるため、予算を十分に確保する必要があります。アメリカ留学の総費用は20万円以上と見積もられています。

5-2. イギリス

イギリスもアメリカ同様に高い総費用がかかる国です。学費や生活費が高額であり、物価も比較的高いため、予算の充実が求められます。イギリス留学の総費用は20万円以上と考えておく必要があります。

5-3. カナダ

カナダはアメリカやイギリスに比べて総費用がやや安く抑えられます。特に学費や生活費が比較的安いため、予算の面でも魅力的な選択肢と言えます。カナダ留学の総費用は10万円程度と見積もられています。

5-4. オーストラリア

オーストラリアも総費用が比較的抑えられる留学先です。物価がやや高めではありますが、ワーキングホリデーやアルバイトで現地収入を得ることで、費用を抑えることができます。オーストラリア留学の総費用は10万円程度と考えておくと良いでしょう。

5-5. フィリピン

フィリピンはアジアで留学費用が最も安い国として知られています。物価が安く、学費も比較的低いため、予算の限られた方にも人気があります。フィリピン留学の総費用は5万円程度からと見積もられています。

以上が主要な留学先国の総費用の比較です。留学先の選択にあたっては、費用だけでなく目的や環境にも注目することが重要です。自身の予算と留学の目的を考慮した上で、最適な留学先を選びましょう。

留学費用は国によって大きく異なるため、十分な下調べを行い、予算をしっかりと立てておくことが重要です。留学の目的や期間によっても総費用が変わるため、自身の状況に合わせて計画を立てましょう。また、予算の節約方法や奨学金制度の活用なども検討しておくと良いでしょう。

まとめ

短期留学中に遊ぶとなると、留学先の国や目的によって必要なお金は異なりますが、一般的な目安としては約5万円から30万円程度が必要です。ボランティアやホームステイなどの単純な目的であれば学費はかかりませんが、語学留学をする場合は授業料と合わせて最低でも10万円以上の予算が必要です。短期留学を楽しみながら効率よく遊ぶためには、事前の予算計画や節約の工夫が大切です。現地の学生割引や安価な観光スポットの利用、現地の人々との交流などを通じて費用を抑えることも可能です。留学経験を有意義に過ごすためには、限られた予算でも自分に合った遊び方を模索し、費用を効果的に活用することが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました