アメリカ留学生必見!OPT制度を徹底解説!成功へのポイントも解説します

スポンサーリンク
education 留学情報

アメリカ留学生にとって重要な制度であるOPT(Optional Practical Training)について、本記事では徹底的に解説します。留学生が大学で学んだ知識や専攻分野を実際の現場で活かす機会を提供してくれるOPTの概要や申請条件、手続きと必要な書類、期間中の就職に関するルール、費用と返金について、そしてOPTを活用したキャリア戦略など、さまざまな情報を詳しくご紹介します。OPTを利用してアメリカでの就労や研修活動を成功させるためのポイントをお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください。

1. OPTの概要

OPT

OPT(Optional Practical Training)は、アメリカ留学生にとって重要な制度です。この制度は、留学生が大学で学んだ知識や専攻分野を実際の現場で活かす機会を提供してくれます。

1.1 OPTとは何か

OPTは、留学生が卒業後の就労や研修を行うためのビザ制度です。大学やCertificate Programを修了した留学生は、OPTを申請することで、アメリカでの就労や研修活動を最大1年間行うことができます。

1.2 OPTの目的と利点

OPTの主な目的は、大学や専門学校で学んだ知識やスキルを実務で活かす機会を提供することです。留学生は、OPT期間中に自分の専攻や興味のある分野での仕事を経験することができます。

OPTの利点は以下の通りです:

  • 専攻分野に関連した仕事経験を積むことができる
  • アメリカでの就労経験が国内外の就職活動でのアピールポイントになる
  • 就労ビザ(H-1Bビザ)を取得するためのステップとなる
  • 無給のインターンシップでも大丈夫なので、様々な職場での経験を積むことができる

1.3 OPTの期間と制限

OPTの期間は最長1年間です。この期間内であれば、自分の専門分野や興味のある分野で何度でも就労や研修を行うことができます。

ただし、OPT期間中に無職の状態が90日以上続くと、ビザルール違反となります。そのため、留学生は就労や研修活動をしながら、90日以上は無職にならないように注意する必要があります。

また、OPT期間が終了した後は、アメリカに留まることができるためのビザステイタスを得る必要があります。これには就労ビザ(H-1Bビザ)を取得することが一般的です。

1.4 OPTの申請要件

OPTを申請するためには、以下の要件を満たす必要があります:

  • アメリカの学校でF-1ビザ(学生ビザ)を取得し、卒業するか、Certificate Programを修了すること
  • I-20の有効期限が切れる前にOPT申請を行うこと
  • アメリカの大学や学校が提供するOPTワークショップなどに参加し、手続きを理解すること

1.5 OPT申請手続きの概要

OPTの申請手続きは、大学や学校の留学生オフィスのアドバイザーがサポートしてくれます。まずは学校で必要な書類や手続きを完了し、OPT I-20を取得します。その後、USCISにOPT申請を行い、申請が承認されるとEAD(Employment Authorization Document)カードが発行されます。

最後に、OPTの申請時には費用がかかるので、よく検討した上で申請することが重要です。

以上が、OPTの概要です。次に、OPTの申請条件について詳しく説明します。

2. OPTの申請条件

visa

OPTを申請するには、以下の条件を満たす必要があります。

2.1 学生ビザ(F-1ビザ)で就学していること

OPTを利用するためには、アメリカの短大・大学・大学院に「F-1」という学生ビザを持って留学し、在学していることが必要です。

2.2 I-20、有効期限が6ヶ月以上残存するパスポートを所有していること

OPT申請には、有効なI-20(入学許可証)と有効期限が6ヶ月以上残っているパスポートが必要です。I-20は学校から発行されるもので、パスポートは自身で所有しているものです。

2.3 1年間もしくは9ヶ月間のFull Academic Yearを修了していること

OPT申請をするためには、1年間もしくは9ヶ月間のFull Academic Yearを修了している必要があります。この期間を満たしていない場合は、OPTの申請資格を得ることはできません。

2.4 学位が取得できるプログラム、もしくはCertificate of Achievementを受講していること

OPTを申請するには、学位が取得できるプログラムもしくはCertificate of Achievementを受講している必要があります。ただし、準博士号の専攻が「一般教養(General StudiesやLiberal Artsなど)」の場合は、OPTの申請資格が得られないので注意が必要です。

2.5 学校が主催するワークショップに参加すること

OPTの申請には、学校が主催するワークショップに参加することが必要です。ワークショップでは、OPT申請のタイミングや必要書類、OPT期間中に気をつけるべき点などが説明されます。

2.6 専攻分野に関連する研修先を自身で見つけること

OPT期間中は、専攻分野に関連する研修先を自身で見つける必要があります。研修先の選定は自由ですが、専攻分野に関連していることが求められます。

以上がOPT申請の条件です。これらの条件を満たしている場合、正式にOPTの申請を行うことができます。次のセクションでは、OPT申請の手続きと必要な書類について解説します。

3. OPT申請の手続きと書類

documents

OPTを申請する際には、いくつかの手続きと書類の提出が必要です。以下では、具体的な手続きと必要な書類について解説します。

3.1 OPT申請の手続き

OPTを申請するためには、在学中の大学のInternational Student Officeを通して申請を行う必要があります。通常、学校はOPT申請のワークショップを主催しており、そこで申請の手順や必要書類の提出について詳しく説明してくれます。ワークショップでは、OPTに申請するタイミングや申請書類の確認なども行われますので、必ず参加することをおすすめします。

3.2 必要な書類

OPTを申請する際には、以下の書類が必要です。

  1. OPT申請用紙 (I-765)
    – OPTの申請に使用するフォームです。
    – フォームは定期的に変更されるため、申請時には最新のフォームを使用するようにしましょう。
  2. パスポートのコピー
    – パスポートの写真や氏名が掲載されているページのコピーを提出します。
  3. 証明写真
    – 30日以内に撮影したパスポート用サイズの写真を2枚用意します。
    – 写真の裏面には氏名、生年月日、I-94番号、SEVIS番号を記載しましょう。
  4. I-20のコピー
    – OPT申請時に新しいI-20が発行されます。
    – 過去に発行されたI-20がある場合は、全てのコピーを提出します。
  5. I-94のコピー
    – アメリカ出入国記録であるI-94のコピーを提出します。
    – 公式ホームページからプリントアウトすることができます。
  6. F-1ビザのコピー
    – パスポート内のF-1ビザのページのコピーを提出します。
  7. OPT申請費用
    – OPT申請には$410の申請費用がかかります。
    – 支払いは現金ではなく、小切手または郵便為替で行う必要があります。

以上がOPT申請に必要な書類です。正確な手続きと書類の提出については、所属する大学のInternational Student Officeのアドバイザーとよく相談しながら進めることが重要です。

4. OPT期間中の就職に関するルール

work

OPT期間中の就職には、いくつかのルールがあります。これらのルールは、自身の専攻分野に関連した仕事にのみ就く必要があるというものです。つまり、OPTの目的は大学で学んだ知識を実践に活かすことであり、学生ビザの延長という意味合いを持っています。

具体的な職種については、専攻や分野によって異なることがありますが、例えばファッションマーケティングを学んだ場合、ファッション関連の企業やマーケティング部門に就職することができます。また、大学のアドバイザーに相談すれば、関連性がある仕事であれば基本的には問題ないとのことです。

なお、OPT期間中の仕事はフルタイムである必要はありません。無給のインターンシップやパートタイムの仕事でも構いません。OPTは研修の意味合いも含んでいるため、無給であっても問題ありません。

もしも無職の期間が長引いて不安を感じる場合は、インターンシップを見つけて本命の仕事を探すという戦略も取れます。例えば、Teaching Assistant(教授のアシスタント)の仕事をしながら就職活動を行うことも可能です。ただし、自身の目指すキャリアに関連性がある仕事を探すことが重要です。

OPTの期間中には、自身のキャリアを構築するための貴重な時間です。焦らずに良い機会を探し、自分の専門知識を活かせる職場を見つけることが大切です。また、学校のキャリアサービスや留学生オフィスなどがサポートしてくれるので、積極的に相談し、情報を収集することもおすすめです。

以上が、OPT期間中の就職に関するルールについての概要です。自身の専攻分野に関連した仕事を見つけることが重要であり、無給の研修やパートタイムの仕事でも問題ありません。焦らずに自分のキャリアを築いていきましょう。

5. OPTの費用と返金について

financial

OPTの申請には費用がかかります。申請時には410ドルの支払いが必要であり、この費用は返金されません。そのため、OPTをするかどうかよく検討した上で申請する必要があります。

また、OPTの申請に必要な書類もたくさんありますので、留学生オフィスのアドバイザーとよく確認しながら手続きを進めることが重要です。ワークショップに参加するなどして、自分の理解を深めるためにも積極的に情報収集することも大切です。

さらに、OPT期間中に無給のインターンシップでも大丈夫なことを覚えておくと良いでしょう。無給のインターンシップはOPTの研修にもなるため、就職活動をしながら経験を積むことができます。

なお、OPTの申請手続きが許可されると、EAD(Employment Authorization Document)カードが発行されます。このカードを持つことで、フルタイムでの就労が可能となります。

最後に、OPTの申請には費用や手続きがかかることを覚えておきましょう。費用は返金されませんので、慎重に検討し、留学生オフィスのアドバイザーからのサポートを受けながら申請手続きを進めてください。

6. OPTを活用したキャリア戦略

job search

留学生ビザの一環であるOPTは、自分の専攻分野にかかわる仕事を見つけるための重要な機会です。OPT期間中には、ファッション関連やマーケティング・マーチャンダイジング関連など、自分の専攻に関連した職種を探すことが求められます。

インターンシップを利用する

OPT期間中の仕事は、フルタイムである必要はありません。無給のインターンシップであっても構いません。実際、OPTには「研修」の意味合いもありますので、無給のインターンシップも問題ありません。もし無職の期間が続いて焦りを感じるようだったら、インターンシップを見つけて、そのインターンシップをしながら本命の仕事を探すということも可能です。このように無職の期間を回避しながら、時間をかけて仕事探しすることが1つの戦略と言えるでしょう。

Teaching Assistantを利用する

もし仕事探しに苦労している場合、Teaching Assistant(教授のアシスタント)などの仕事をすることも一つの戦略です。授業に関わりながら就職活動を行うことができます。実際、私の先輩はTeaching Assistantをしながら就職活動を行い、最終的には大手企業に入社することができました。留学生の間は就職が難しいとされていますが、独自の戦略で目指す企業にアプローチしてみることが大切です。

積極的に情報収集する

OPTに関する情報は留学生オフィスなどで提供されていますが、自分自身でも積極的に情報収集を行うことが重要です。例えば、大学が開催する「OPTワークショップ」などに参加して、申請タイミングや必要書類、OPT期間中の注意点などを把握することができます。また、大学のアドバイザーからのアドバイスも貴重な情報源となります。自分の理解を深めるためにも、積極的に情報収集を行いましょう。

キャリア目標を見据える

OPT期間中の仕事探しは、将来のキャリアの一部となる可能性があります。自分の将来の目標や興味を考慮しながら、仕事を選ぶことが重要です。将来的にビザのサポートをしてくれる企業を探す場合、自身の専攻分野に関連した経験を積むことが必要です。また、就職活動を行う際にはアメリカでの外国人としての雇用条件やビザの制約を考慮しなければなりません。母国でのキャリアを考えることも重要な選択肢となるかもしれません。

以上の戦略を活用することで、OPT期間中に自分のキャリアを築いていくことができます。自分の専攻分野に関連した仕事を見つけるためには、自身の意思を持ち、積極的に行動することが重要です。

まとめ

留学生のための重要な制度であるOPT(Optional Practical Training)について、本記事では詳しく解説しました。OPTは、留学生が大学で学んだ知識や専攻分野を実際の現場で活かす機会を提供してくれる制度です。OPTの概要や申請条件、手続きと必要な書類、期間中の就職に関するルール、費用と返金について、そしてOPTを活用したキャリア戦略などについてご紹介しました。

留学生の皆さんがOPTを利用してアメリカでの就労や研修活動を成功させるためには、以下のポイントが重要です:

  • OPT期間中は専攻分野に関連した仕事を経験することが求められます。
  • 大学や留学生オフィスのアドバイザーからのサポートを受けることで、正確な情報を得ることができます。
  • OPT期間中には自身のキャリアを構築するための貴重な時間です。焦らずに慎重に仕事を選び、自分の専攻や興味に合った経験を積みましょう。
  • インターンシップやTeaching Assistantなどの仕事を活用することも戦略の一つです。
  • OPTの申請手続きには費用がかかるため、よく検討した上で申請することが重要です。

留学生の皆さんは、この記事を参考にしてOPTを活用したキャリア戦略を築いていきましょう。自身の専攻分野に関連した経験を積むことで、将来の就職活動やビザの取得にも大きく役立つことでしょう。成功をお祈りしています。ぜひ最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よくある質問

Q1. OPT(Optional Practical Training)とは何ですか?

A1. OPTは、アメリカ留学生が大学で学んだ知識や専攻分野を実際の現場で活かすための制度です。留学生はOPTを申請することで、最大1年間アメリカでの就労や研修を行うことができます。

Q2. OPTの申請条件は何ですか?

A2. OPTを申請するためには、以下の条件を満たす必要があります:
– アメリカの学校でF-1ビザ(学生ビザ)を取得し、卒業するか、Certificate Programを修了すること
– I-20の有効期限が切れる前にOPT申請を行うこと
– アメリカの大学や学校が提供するOPTワークショップなどに参加し、手続きを理解すること

Q3. OPT期間中の仕事はどのように見つければよいですか?

A3. OPT期間中は、専攻分野に関連する研修先を自身で見つける必要があります。大学のキャリアサービスや留学生オフィスがサポートしてくれるので、積極的に相談し、情報を収集しましょう。

Q4. OPT期間中に無給のインターンシップでも構いませんか?

A4. はい、OPT期間中の無給のインターンシップも問題ありません。OPTは研修の意味合いも含まれているため、無給であっても経験を積むことができます。

Q5. OPTの申請手続きには費用がかかりますか?

A5. はい、OPTの申請には$410の申請費用が必要です。現金ではなく小切手または郵便為替で支払う必要があります。

Q6. OPT期間後のビザの取得方法は何ですか?

A6. OPT期間終了後は、アメリカに留まるためのビザステイタスを取得する必要があります。一般的には就労ビザ(H-1Bビザ)を申請します。ビザの取得には条件がありますので、アドバイザーと相談しながら手続きを進めてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました